1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【Topics】テレワーク・マスター企業支援奨励金について

NEWS

お知らせ

【Topics】テレワーク・マスター企業支援奨励金について

テレワーク・マスター企業支援奨励金 | 東京しごと財団 雇用環境整備課 (shigotozaidan.or.jp)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止と経済活動の両立に向け、人流の抑制に有効なテレワークの普及と定着を図るため、都内中小企業等に対する新たな支援が開始されています。

現在テレワークを行っている、またはテレワーク化に取り組みを開始する予定の事業者さま、ぜひご活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

事業概要

  • 「テレワーク定着トライアル期間(令和3年5月12日~10月31日まで)」に、テレワーク可能な労働者数のうち「週3日・社員の7割以上」、1~3か月間テレワークを実施した企業を「テレワーク・マスター企業」として東京都が認定。
  • 「テレワーク・マスター企業」に対し、テレワーク実施人数および通信費や機器・ソフト利用料など奨励金の対象経費に基づき最大80万円の定額の奨励金を支給

対象事業者

  • 常時雇用する労働者が1名~300名以下で、都内に本社または事業所を置く中小企業等
  • 「テレワーク東京ルール」実践企業宣言このリンクは別ウィンドウで開きますに登録していること
  • 「計画エントリーシート」を提出すること
  • トライアル期間中に、申請企業が設定した「テレワーク実施期間(1~3か月)」に、テレワーク実施可能な社員数のうち、「週3日・社員の7割以上」のテレワークを実施していること

その他要件あり。募集要項をご確認ください。

奨励金額

テレワーク実施人数およびトライアル経費に応じて奨励金が支給されます。

  • 申請企業が設定したテレワーク実施期間(1~3か月)のテレワーク実施人数(1日平均)
  • 申請企業が設定したテレワーク実施期間(1~3か月)に、社員がテレワークを実施するために企業が負担した経費(税込み)のうち奨励金の対象経費(募集要項10頁参照)に適合する経費(トライアル経費)

奨励金申請の受付期間

令和3年9月1日(水)~令和3年12月10日(金)

申請方法等について

申請にあたっては、募集要項のページをご確認ください。

お問合せ

    ※半角入力
    ※半角入力
    ※半角入力


     

    最新記事